婚約指輪を返したい、もしくは返されてしまったという時は、自分の気持ちがすっきりする方法を取ることが一番良いでしょう。

男性も婚約指輪をしたい?

婚約指輪というと、男性が女性に贈るということがほとんどですね。

そのため、婚約指輪を着けるのは女性側というイメージがあります。

ところが、最近は、中には男性も婚約指輪を付けたいという方も出てきています。

男性が婚約指輪をつけたがる場合のパターンとしては、遠距離恋愛などでなかなか女性に会えないという場合や、転勤などで一緒に結婚準備を進めていけなくなってしまったという時に、少しでもつながりを感じていたいからと男性が考えることにより、男性から婚約指輪を自分もしたいということが増えているようです。

男性が婚約指輪をするという場合、女性と同じようにダイアモンドをつけるということはあまり多くありません。

シンプルなタイプの指輪になることが多いようです。

しかし、もうすぐつけることになる結婚指輪の事もあるので、お揃いで婚約指輪をする期間はとても短いものになってしまいます。

そこで、お揃いの婚約指輪をする代わりに、時計をお揃いにする、ネックレスをするなど、違うものの形でお揃いのものを作るということが多くなっています。

男性も婚約指輪をするという場合には、一般的に既に既婚者として扱われることが多いので、これから結婚をするという話になると周りの方に戸惑われてしまうことも少なくありません。

男性の中には結婚指輪も邪魔になってしまうのでしたくないという方もいらっしゃる一方で、婚約指輪も一緒にしたいという男性もいるということは、とても面白いものだなぁと思いますが、カップルで納得できるお揃いのものが見つかれば、それが最良の方法なのかもしれませんね。

大事な婚約指輪をお互いが長く愛着を持って身につけることが出来るよう、指輪を選ぶときはなるべく2人の好みが反映されたものを選ぶようにしましょう。

銀座ダイヤモンドシライシのような専門店でしたら指輪について色々と相談も出来ますから、疑問点や確認したいことはその場で聞いて解消できます。

一生に一度の指輪選びです。

デザインも含め様々な側面から考えるようにし、納得出来る指輪を手に入れましょう。